シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コスパ抜群!肌質をワンランクアップしてくれるイオンクレンジング器とは

ライター

肌をきれいにするには、一に洗顔、二に洗顔。
いくら高価なスキンケア化粧品を使っても、肌に浸透しなくては意味がありません。

お風呂上り位、いつも肌が柔らかくてスポンジのようにすっと入ってくれるならいいのですが、寝起きとか、お出かけ前とか、急いでいる時に、蒸しタオルとかマッサージとかやっている暇もないし、かといって水でパパッと洗うだけでは汚れも皮脂も取りきれる気がしない。

そんな時、いつもの洗顔にあと3分プラスするだけで、見違えるように化粧水の浸透やメイクの乗りが変わってくる、私のお気に入りの美容家電をご紹介します。

HITACHI イオンクレンジング器FACECRIE(フェイスクリエ)です。
美容家電(ホームエステ)というと、何万もするイメージですが、これは実売5000~7000円。
気軽に試せて、しかも効果は・・かなり高いです!

Exif_JPEG_PICTURE

電気の性質を使って、プラスイオンを発生させた機器を肌に当てると、マイナスにイオン化されている毛穴の奥の汚れや皮脂、化粧品や石鹸カスなどを引き出してくれるというのが「イオンクレンジング」の原理。

クレンジングといっても、洗顔の代わりではなく、メイク落とし⇒洗顔をした後に、化粧水の導入効果を高めるためのものです。

電気の刺激が心地いい!フェイスクリエの使い方と効果

Exif_JPEG_PICTURE

フェイスクリエの使い方はいたってシンプル。

1.黒いゴム状のパットにコットンを重ねる。
2.好きな化粧水をコットンに浸す。
3.スイッチを入れて肌の調子に合わせて電流の強さを決める。
4.顔をなでて3分間。時間が経つと自動的に終了。

肌が敏感になっている時は電流弱めでも効果はさほど変わらないので、どちらかというと刺激の好みで決めていいかも。
電流の強さより心配なのは、こすりすぎの方。
ポイントは、化粧水をたっぷりつけて、肌にできるだけ負担をかけず、顔を優しくリンパマッサージするような感覚でやることです。振動もいい刺激で、だんだん気持ちよくなってきますよ。

自分に合った化粧水で使えるのが安心

Exif_JPEG_PICTURE

美顔器専用の化粧水を使うことはないので、いつも使っている自分にあった化粧水でOKなのが安心ですよね。たとえプチプラなドラッグストアコスメでも十分効果は得られます。

ただし、ヒアルロン酸系など、とろみがありすぎるものコットンがひたひたになりにくいので、サラサラ系の方がいいでしょう。また「ふきとり化粧水」の方が角質も取れやすく効果的。

ひどい!でもすごい!洗顔後とは思えない汚れが見える

Exif_JPEG_PICTURE
これがフェイスクリエ後のある日の私・・・。しかもお風呂でしっかり洗顔した後ですよ。
しかもしかも、結構毎日こんな感じなんです。何をしなくても生きてるだけで汚れる(というか代謝する)んですね、お肌って。

最初見た時はショックでしたけど、手での洗顔では取りきれない汚れが出てくるなら、その後のスキンケア効果も絶大というわけで、結果オーライです!顔だけじゃなくて、首筋やデコルテにも使えば、衿ぐりがあいた服を着た時にも肌がキレイに見えそうです。

そして、肝心の肌触りは、ホントにすべすべ。
1週間も続ければ、表面だけでなく、ふわふわ感も増してきます。まさに肌質が変わっていく感覚でした。

Exif_JPEG_PICTURE
ちなみにこれは、ズボラなメイク落としシートで拭いた後にフェイスクリエしたもの。
仕事帰りはこれが楽ちんでよく使ってますが、ホント取れてないのね・・・・(-_-;)。
やっぱ回数減らそう(←止めはしないのが弱いw

とにかく潤いたいなら「保湿サポート器 ハダクリエ」もオススメ

Exif_JPEG_PICTURE

同じHITACHIから、イオンクレンジング機能に加えて、保湿に特化したモードがついた「保湿サポート器 ハダクリエ」というものもあります。

これは、汚れを取り去った後、化粧水や乳液をつける時に、その浸透を促して、ぐいぐい潤いを押しこんで、最後には冷却して毛穴を引き締めてくれるという、「フェイスクリエ」のその先バージョンです。

全部のコースをやると15~20分かかるのでちょっとしたホームエステ感覚ですが、目当ての機能だけ使うこともできるので、お手軽感はそんなに損ないません。

Exif_JPEG_PICTURE

私が気に入ってるのは、シートマスクの上からでも当てられるモイストアップモード。
シートマスクにある水分って、顔に貼っている間に半分蒸発しちゃってない?と思う部分もありますが、ハダクリエをその上から当てることで、もう余すことなく肌に浸透させちゃうぞ!みたいな感覚で、マスクを外した時のもちもち感がハンパないです。

ハダクリエは化粧水や乳液を使って保湿モードを繰り返すので、手でスキンケアするより、使う量がいつもの倍以上になりますが、本当はこれくらい浸透させて、ようやく「しっとり肌」になるんだなあと思うと、これまで「肌がカサカサするわぁ」とか言っちゃってたけど、単にケチってただけなんか・・・と反省しきり。

ちなみに、ハダクリエのクレンジング機能はフェイスクリエほど落ちません。やはり特化したクレンジング器は強い!
なので、大は小を兼ねるというよりは、「とにかく汚れを落としたいならフェイスクリエ」「とにかく潤いたいならハダクリエ」と考えた方がいいでしょう。

何を使うかではなく、どうしたら肌のためになるのかを考える

フェイスクリエ、ハダクリエ、ともに是非使ってみてほしいおすすめの美容家電ではありますが、要はこれを使えばいいということではなく、何をすれば肌のためになるのかを考えるいいきっかけになればなと思います。

機能性抜群の化粧品があったとして、それを最大限生かすには、まず土台となる肌の状態が大事。
浸透させるには汚れを取り、角質を取り、しみこみやすい状態にして、目いっぱいスキンケア成分を取りこんだら、奥までぐんぐん浸透させ、逃げないように閉じ込める・・・・。

ワタシのようなずぼら人間には、美容機器は良き手助けをしてくれますが、普段からそういう意識でスキンケアをすれば、まだまだ自分の力だけでも改善はできるはず。

そして、肌が変わるとこんなに変わるんだ!とわかったら、一気にランクアップする時には、是非このアイテムを思い出してみてください。

The following two tabs change content below.
幼いころは焼いても叩いても無敵な健康肌でしたが、一番色気づく高校時代に薬の副作用でアトピー体質に。そこから化粧と美容=オンナを捨てて、音楽に、パソコンに、カメラにと男勝りの趣味三昧の人生を送ること幾星霜。 おかげで、三度の飯よりガジェ好き・家電好きの「家電女子」となってしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする