シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒアルロンを超える最強保湿のプロテオグリカンの原液で敏感肌や乾燥肌にうるおい

あんこ ライター

朝起きて、体が乾いて水が飲みたくなるのと同じように、お肌も、乾いてる~といわないまでも、ひたひたうるおいがほしくなることがありませんか?

ヒアルロンの130倍の保水力をもつというプロテオグリカンの原液美容液PG2ピュアエッセンスを使ってみたら、その“乾いている感”が治まってきました。

IMG_2239

それから、キメが整って、表面がサラサラに。
だから、ファンデーションのノリもとってもよくなりました。

このピュアエッセンス、さらさらで水のような感触なので、はじめ、「ホントにこれでうるおうの??」と思いました。
もう50代ですからね、なんとなく、ずっしりくるのが安心、というのがありますが、実際ズッシリ感でごまかしてしまうのはよくないんですよね。

適切なケアをすることで、自分の肌をしっかりさせていくことが大事。
その点、ピュアエッセンスはほんの少しでOK。
目の下だけ、法令線のところだけ、のように部分的につけたいなら1滴ずつ。
全体につけたい場合は、3~5滴手に取ってつけます。

IMG_2250

私は、今使っているローションを手に取る前に、手のひらに5滴ほどのせて、その上にローションを出してつけてしまいます。

P1360668

乳液やクリーム、ファンデにつけても大丈夫だそう。
PG2ピュアエッセンスを気に入っている、という女優の武田久美子さんも、ちょい足しができるので重宝しているそうです。→女優・武田久美子さんのインタビュー

なぜほんのちょっとで乾燥が抑えられたり、キメが細かくなるかというと、このプロテオグリカンという成分は、保水力があるから。保水力があると肌の弾力性やお肌の表面のカバー力がアップして、外からの刺激を受けにくくなるんですね。

IMG_2243

PG2ピュアエッセンスに含まれるプロテオグリカンは、細胞の成長を促したり整えたりするEGF(ノーベル生理学・医学賞受賞成分です!)という成分と同じ働きをする成分。
EGFは、人間の細胞や皮膚、骨、筋肉にもあって、だ液や母乳にも含まれています。
医療分野では、やけどや傷を負った肌の再生や、皮膚移植のあとの回復をスムーズにするために使われていました。新しい細胞をつくるとか、増やしたりする力が強いんです。
それがスキンケアに生かされるようになりました。
女性が使いたい!!と思うのは、朝昼2回2か月間使った結果、表皮の新生細胞の生長率が平均して284%アップ。最高では835%アップした人も。
50代以上でも、新生細胞の成長サイクルが改善されたという結果がでています。

このEGFと同じ作用が、実はこのプロテオグリカンもにもあることがわかっています。

アラフィフのみならず、美魔女と称されるモデルの水谷雅子さんなどアナウンサー、女優さんも愛用。

肌再生が進むプロテオグリカン、ぜひ試してみて!
2週間使用後のレビューをメインブログに書いたのでぜひ読んでいただけるとうれしいです→プロテオグリカン原液の保湿力で敏感肌や乾燥肌をうるおす

The following two tabs change content below.
あんこ

あんこ

”シミが消える! シワが消える! プリプリのお肌に!” とうたうコスメはなんでも試してみたい(^^) 願うは、身も心もマイナス10歳のアラフォーです。詳しいプロフィールはこちら